URADOASP basepage

1 フル電子納品のための”othrs”フォルダーの統一体系(案)

 各工事のbasepageローカルサイトのFC内"othrs"へ以下のORG200番台のフォルダーを作成したうえで、分類したデータを格納し,電子成果品の納品とする統一案である。

No. ORGフォルダ名 フォルダー名
の決定根拠
データ内容 備考 WFによる起案
01 ORG001 要領の指定 設計図書
02 ORG002 要領の指定 契約関係 着手時契約関係の書類は、スキャンなどにより電子化したものを格納
計画工程表、現場代理人通知、請負代金内訳書など着手時契約関係で原本が紙面の物もの
⇒工事当初の起案数はかなり減少する。
9号起案は不要 
03 ORG201 SENDO統一運用 竣工書類目録 9号起案は不要 
04 ORG211 SENDO統一運用 施工体制台帳 9号起案
05 ORG221 SENDO統一運用 使用材料承諾願い 9号起案
06 ORG222 SENDO統一運用 搬入材料集計表 9号起案は不要 
07 ORG231 SENDO統一運用 品質管理報告書 品質管理の書類について、「コンクリート品質管理」のみ電子納品のREGISTER(工事管理台帳)フォルダに格納する。その他すべて"ORG241"に格納する。
08 ORG232 SENDO統一運用 試験成績表 9号起案は不要 
09 ORG241 SENDO統一運用 出来形測定結果表 9号起案は不要 
10 ORG251 SENDO統一運用 舗装工事データ 【保留事項】(舗装工事データ・性能規定データ)
11 ORG261 SENDO統一運用 新技術活用 格納するものは、計画書及び 効果調査表(発注者の評価部分は必要ない)
(1)WEB上で作成したzipデータ
(2)zipデータのPDF版は、電子納品作成時までに”ORG261”に格納されていれば良い。

その他新技術活用に係わるものはすべて格納する。
9号起案 
11-1  SENDO統一運用 納品不要とする。
特別契約・総合評価提案履行報告書
【注意1】技術提案書及びその履行報告書は決して電子納品しないこと。設計変更確認会議において、総括監督員に履行状況を説明し確認を得ること。
起案にPDF及びORGは添付せず、起案内容に「07_レギュラー」内に「特別契約・総合評価提案履行報告書」を保存した。 と記載することにする。これで電子納品は回避される。
9号起案
12 ORG271 SENDO統一運用 創意工夫・社会性等実施報告 ORGホルダー内には、PDF及びオリジナルデータ(Excelなど)の両方を納品のこと。 9号起案
13  ORG291
~299 
SENDO統一運用   ORG201~289に存在しないもので、各受注者が独自に作成したいものを任意で作成して良い。  
14 ORG600 要領の指定 施工管理データ(TS出来形)
15 ORG700 要領の指定 工事写真ダイジェスト
16 ORG800 要領の指定 工事出来形図
17 ORG997 要領の指定 データ作成根拠資料等
18 ORG998 要領の指定 重要構造物・設計図書データ
19 ORG999 要領の指定 道路施設基本データ
20

参考リンク
▼工事成果品として完成後に必要とされる書類については、『土木工事書類作成マニュアル(案)』を参照ください。

https://www.hkd.mlit.go.jp/ky/jg/koujikanri/ud49g7000000l2w9.html
また、
▼電子納品については、『北海道開発局における電子納品に関する手引き(案)【工事編】』を参照ください。

https://www.hkd.mlit.go.jp/ky/jg/gijyutu/ud49g7000000il7t.html
P-6.図2-1 工事関係書類の体系
P-52.図7-6 その他資料フォルダ(OTHRS)の格納イメージ(道路)


2 フル電子納品のためのbasepage”othrs”フォルダーの構成例

 以下のような、各工事のbasepageローカルサイトのFC内"othrs"へ以下のORG200番台のフォルダーを構築し、運用を開始してください。


このページの先頭へ