「施工体制台帳」の起案例

036-112

「施工体制台帳」の起案例

凡例 茶色:テキスト入力orラジオボタン選択

入力フォーム[ワークフロー:9号_受注者発議]
件名施工体制台帳_01発議年月日 
工事名 ○○○工事回答希望日 
添付以下の 変更履歴をFCリンク添付し起案すること。
form-42_施工体制全般_202126-xxxx_create20210423.xlsx pdf化しなくて良い。
格納ホルダー:FC内の”othrs”>ORG211_施工体制台帳
進捗 起案ルートの種類
通常ルート: 受注者 ⇒ 支援業務 ⇒ 担当監督員 ⇒ 専門官 ⇒ 主任監督員
工事番号 201728-XXXX          
文書ID 20170401A 
発議事項□承諾  □協議  ■提出  □報告 
文書管理区分  
タイトルまたは
工種、細目等
施工体制台帳_01 
内容(1)フル電子ならば:タイトルについて起案する。
(2)紙面ありならば:本編は、別途紙面にて提出する。  
添付資料名(1)フル電子ならば:記入不要
(2)紙面ありならば:資料名記載のこと!。 
図面数 
監督職員
特記事項
上記について
□指示  □承諾  □協議  □通知  ■受理
特記事項
 
設計変更■ しない
□ する 
監督員処理日 
受注者
特記事項
 

フル電子納品前提の注意 

(1)起案日が実際の施工日前であること。(検査時のポイント!)
(2)二重作成は許容する。検査や施工体制点検時など円滑に進められるとは考えにくいため。
(3)検定箱には紙面は納品しない。(4)FC内の”othrs”>ORG211「施工体制台帳の最終版」は、電子納品時までにPDF化されていれば良く、施工中は紙面でプロセスチェックに対処することは、当分の間(業界全体が電子化に向けた条件をそろえたときまで)労力軽減のため致し方ないものとする。(20201005追記)

(5)検査時の見せ方:紙面の本編の冒頭にform-42を綴じる。施工計画書提出で絞ったASP起案一覧画面を示しつつ、この紙面を提示する。
(6)しおりは付けた方が良い。(推奨)

関連 起案タイトル一覧

(1)以下の一覧表の命名ルールによること!
    ASP起案一覧表
(2)確り命名ルールに従い、検査の質問事項を想定したブックマークを用意しておくことが検査の成功と安心につながる。

関連 form

(1)添付の様式の入手先
https://urado-site.dongurikaigi.com/032_form.html

修正履歴

20210423修正:form-42の公開とタイトル記入のルール制定による修正
20201006修正:フル電子納品の方針に従って修正

このページの先頭へ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!