講習会のお知らせ

ID:20151022-332733

なぜ、北海道開発局は除雪車の多機能化を推し進めるのか? ~多機能除雪車の必要性と妥協点から学ぶ~

目的: 安全かつ円滑な冬期間の道路交通を確保するために行う除雪作業において,除雪機械は重要な役割を担っている。除雪機械は施工内容によって使い分けられ、同一区間においても複数の機種を配置する必要がある。一方、コスト構造改革が推進される中、可能な限り効率的な機械の配置が求められている。
 このような背景から多機能型除雪車の配備は、今後ますます推し進められる情勢に有る。
 本講習は、これら多機能型除雪車である官貸機械を駆使し、効率的な運用を行うために充実した施工計画を作成することを目的とした、維持除雪工事関係の土木技術者向け講習である。

主催: 室蘭開発建設部 苫小牧道路事務所
企画運営: 苫小牧道路事務所 工事安全連絡協議会
日時: 平成27年10月22日(木) 14:00~15:00 所要時間:1時間00分
場所: 室蘭開発建設部 日高自動車道 苫東中央ステーション1F会議室
住所: 〒059-1362 苫小牧市字柏原175-23
座標: 北緯,東経 = 42度40分25.87秒,141度47分13.4秒
【注意】現地には目標物がありません。必ず座標で位置を確認して下さい。
既知の座標(緯度経度)からグーグルマップで位置を調べる方法。
継続学習制度(CPDS) 申請先: JCM(一般社団法人 全国土木施工管理技士会)
認定番号: 332733
申請UNIT: 1unit
学習履歴: 主催者が受講者全員の学習履歴代行申請を行います。

式次第

開始
時間 
終了
時間
所要
時間
内容及び講師名
114:0014:050:05CPDS認定unit発給の注意事項及び開会
司会:苫小牧道路事務所 工事安全連絡協議会 事務局 船水 新一(株式会社 小金澤組)
214:0514:550:50なぜ、北海道開発局は除雪車の多機能化を推し進めるのか?
   ~多機能除雪車の必要性と妥協点から学ぶ~
講師:国土交通省 北海道開発局 室蘭開発建設部 苫小牧道路事務所 第1工務課 機電係長 佐藤裕樹
314:5515:000:05質疑応答及び閉会
司会:苫小牧道路事務所 工事安全連絡協議会 事務局 船水 新一(株式会社 小金澤組)

注意1:CPDS受講確認のため、本人確認を行います。CPDS技術者証を受付にて提示して下さい。
注意2:学習履歴代行申請を行うにあたり、確認照合のためCPDS技術者証のコピー(写真撮影)を行わせていただく場合があります。また、CPDS技術者証の期限切れが見受けられますので事前にご確認下さい。
注意3:受講中は管理技術者資格者証を着用して下さい。
注意4:途中入場及び途中退場された方には、代行申請を行いません。
注意5:unitの給付を必要としない方は、受付にて所属と氏名のみ記入いただきます。


  講習会の資料の公開

なぜ、北海道開発局は除雪車の多機能化を推し進めるのか?~多機能除雪車の必要性と妥協点から学ぶ~


 関連情報 

今夜は雪だ!除雪車出動

除雪車に関する動画 – 北海道開発局 – 国土交通省

冬道を守る除雪車たち – 北海道開発局 – 国土交通省


NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!