講習会のお知らせ 二部構成

 第一部 「発注者を納得させる社内基準のヒント」

学習プログラム番号:627076

目的:現在、当事務所の請負工事においては、全受注者が社内基準(社内規格値を含む)を設定している。しかるに、その規格値の設定方法においては、仕様書の規格値に対して一律の割合を設定していることが通常であり、受注各企業の既往データの有効活用や創意工夫による精度向上などが社内規格値に反映されることは希有である。また、社内基準を逸脱した場合の対象方法については、意思決定に一貫性が無く社内基準を定めることによるプラス面よりマイナス面に捉えられるものが多数有る。そこで本講習は、受注各企業の既往データを統計手法により有効活用し規格値を定める提案や明確な意思決定のフローチャートを作成する提案などを今後のヒントとして土木技術者に伝えるものである。

主催: 北海道開発局 札幌開発建設部 千歳道路事務所
企画運営: 札幌開発建設部 千歳道路事務所 工事安全連絡協議会
日時: 令和03年2月15日(月) 13:20~14:00 所要時間 0時間40分
場所: 札幌開発建設部 千歳道路事務所 1階会議室
住所: 〒066-0073 千歳市北斗6丁目13番3号
座標: 42.836794, 141.625640 継続学習制度(CPDS)
申請先: JCM(一般社団法人 全国土木施工管理技士会)
申請UNIT: 1unit
学習履歴: 主催者が受講者全員の学習履歴代行申請を行います。
受講料: 無料
その他:
(1)新型コロナウィルスの感染予防のため12名までの定員となります。
(2)会場ではマスクの着用し、入口で指先消毒すること。
(3)当日は、自社出発時に必ず検温をし、発熱や体調不良のある場合、受講しないこと。

式次第

開始
時間
終了
時間
所要
時間
内容及び講師名
113:2013:250:05CPDS認定unit発給の注意事項及び開会挨拶
司会:千歳道路事務所工事安全連絡協議会 事務局 平川 雅彦(株式会社玉川組 建設理事)
213:2513:550:30「発注者を納得させる社内基準のヒント」
§1 社内基準についての完成検査時の想定質問
§2 社内基準から逸脱した場合の意思決定フローの例
§3 自社の施工実績のデータを活かした標準偏差からの社内規格値
講師:北海道開発局 札幌開発建設部 千歳道路事務所 工務課長 中山 光広(なかやま みつひろ)
313:5514:000:05質疑応答及び閉会
司会:千歳道路事務所工事安全連絡協議会 事務局 平川 雅彦(株式会社玉川組 建設理事)

注意1:CPDS受講確認のため、本人確認を行います。CPDS技術者証を受付にて提示して下さい。
注意2:学習履歴代行申請を行うにあたり、確認照合のためCPDS技術者証のコピー(写真撮影)を行わせていただく場合があります。また、CPDS技術者証の期限切れが見受けられますので事前にご確認下さい。
注意3:受講中は管理技術者資格者証を着用して下さい。
注意4:途中入場及び途中退場された方には、代行申請を行いません。
注意5:unitの給付を必要としない方は、受付にて所属と氏名のみ記入いただきます。


 第二部 「高所作業と墜落事故及び刑事責任について」

学習プログラム番号:627077

目的:
 本講習は、法面こう配が40度以上の斜面上を転落することが、労働安全衛生規則第518条及び第519条の「墜落」に含まれる(40度未満であれば「転落」)(昭和51年10月7日 基収第1233号」労働基準局長)法令を認識したうえで、 墜落等による危険の防止を図るために口ープ高所作業における法令、条件付き適用外、災害事例などを学習するものである。このことにより、土木技術者に適切な施工計画を立案し安全な作業に結び付ける知識が向上することを期待している。

主催: 北海道開発局 札幌開発建設部 千歳道路事務所
企画運営: 札幌開発建設部 千歳道路事務所 工事安全連絡協議会
日時: 令和03年2月15日(月) 14:05~15:45 所要時間 1時間40分
場所: 札幌開発建設部 千歳道路事務所 1階会議室
住所: 〒066-0073 千歳市北斗6丁目13番3号
座標: 42.836794, 141.625640 継続学習制度(CPDS)
申請先: JCM(一般社団法人 全国土木施工管理技士会)
申請UNIT: 2unit
学習履歴: 主催者が受講者全員の学習履歴代行申請を行います。
受講料: 無料
その他:
(1)新型コロナウィルスの感染予防のため12名までの定員となります。
(2)会場ではマスクの着用し、入口で指先消毒すること。
(3)当日は、自社出発時に必ず検温をし、発熱や体調不良のある場合、受講しないこと。

式次第

開始
時間
終了
時間
所要
時間
内容及び講師名
114:0514:100:05CPDS認定unit発給の注意事項及び開会挨拶
司会:千歳道路事務所工事安全連絡協議会 事務局 平川 雅彦(株式会社玉川組 建設理事)
214:1015:401:30「高所作業と墜落事故及び刑事責任について」
§1 崖、斜面からの墜落による労働災害事例の調査・分析
§2 墜落とは!、転落とは!、滑落とは!安衛則518条、第519条では、“高さ2m以上は、高所作業”
§3 ロープ高所作業」に関する法令、条件付き適用外、災害事例など
講師:労働安全コンサルタント(土木) 奈良 義明(なら よしあき)
315:4015:450:05質疑応答及び閉会 司会:千歳道路事務所工事安全連絡協議会 事務局 平川 雅彦(株式会社玉川組 建設理事)

注意1:CPDS受講確認のため、本人確認を行います。CPDS技術者証を受付にて提示して下さい。
注意2:学習履歴代行申請を行うにあたり、確認照合のためCPDS技術者証のコピー(写真撮影)を行わせていただく場合があります。また、CPDS技術者証の期限切れが見受けられますので事前にご確認下さい。
注意3:受講中は管理技術者資格者証を着用して下さい。
注意4:途中入場及び途中退場された方には、代行申請を行いません。
注意5:unitの給付を必要としない方は、受付にて所属と氏名のみ記入いただきます。Z


NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!